曹操来了!

輝け、青春!

 Youtube

機動戦士ガンダム THE ORIGIN

第二弾だ!







うぅぅぅん。
子どもの頃、自分たちが考えていたのとちょっと違っていると、妙な違和感を持ってしまうね。
登場人物は、全て後々のシリーズへと繋がっていくのは分るけどぉ〜。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN II [DVD]
池田秀一
バンダイビジュアル
2015-11-26






機動戦士ガンダム THE ORIGIN機

オジサンたちの青春だったね(笑)!
それが新しく出るの?
かと思いきや、オジサンたちが興奮してみていたシリーズの起源が公開される!





こりゃぁ、オジサンだけど買ってみちゃったよ(笑)!
最初のシーンは興奮したけど、後の話は…。
まぁ、見てみると良いでしょう。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I [Blu-ray]
田中真弓
バンダイビジュアル
2015-04-24





年末課題5

毎年恒例の年末課題。

(覚書)
B5版プリント×1枚(以下、プリントの内容)
********************************

◆年末授業

 以下の文章は、今から100年以上前、ニューヨーク市に住むバージニア・オハンロンという八歳の少女が、新聞社に出した手紙である。
 1897年9月、学校で今年のクリスマスに何のプレゼントをサンタクロースにお願いするのか、友達とお喋りしていたバージニアを男の子がからかった。「バカだなあ、サンタクロースなんていないよ。本当に子供なんだから。まだ、サンタクロースなんて信じているの?」その日、学校ではサンタクロースは「絶対にいる」派と「絶対にいない」派に分かれたという。バージニアは帰宅して、父親に尋ねた。父のフィリップは「サン新聞の投稿欄に質問の手紙を書いてごらんと助言した。
 その時の手紙である。


(以下、バージニアの手紙)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
きしゃさま

 あたしは八つです。
 あたしの友だちに、「サンタクロースなんていないんだ。」っていっている子がいます。
 パパにきいてみたら、
 「サンしんぶんに、といあわせてごらん。しんぶんしゃで、サンタクロースがいるというなら、そりゃもう、たしかにいるんだろうよ。」
 と、いいました。
 ですから、おねがいです。おしえてください。
 サンタクロースって、ほんとうに、いるんでしょうか?

    バージニア・オハンロン
    ニューヨーク市 西九五丁目一一五番地
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



課題:バージニアの手紙に対し、新聞社の代わりにあなたが答えよ(文字数自由)。




********************************









B4版プリント×1枚(以下、プリントの内容)・授業終了時、生徒へ配布。
*******************************

◆ニューヨークサン新聞の社説

 バージニア、おこたえします。サンタクロースなんていないんだという、あなたのお友だちは、まちがっています。
 きっと、その子の心には、いまはやりの、なんでもうたがってかかる、うたぐりやこんじょうというものが、しみこんでいるのでしょう。
 うたぐりやは、目に見えるものしか信じません。
 うたぐりやは、心のせまい人たちです。心がせまいために、よくわからないことが、たくさんあるのです。それなのに、じぶんのわからないことは、みんなうそだときめているのです。
 けれども、人間が頭で考えられることなんて、おとなのばあいでも、子どものばあいでも、もともとたいそうかぎられているものなんですよ。

 〜中略〜

 そうです、バージニア。サンタクロースがいるというのは、けっしてうそではありません。この世の中に、愛や、人へのおもいやりや、まごころがあるのとおなじように、サンタクロースもたしかにいるのです。
 あなたにも、わかっているでしょう。世界にみちあふれている愛やまごころこそ、あなたのまいにちの生活を、美しく、楽しくしているものなのだということを。
 もしもサンタクロースがいなかったら、この世の中は、どんなにくらく、さびしいことでしょう!
 あなたのようなかわいらしい子どものいない世界が、かんがえられないのとおなじように、サンタクロースのいない世界なんて、そうぞうもできません。
 サンタクロースがいなければ、人生のくるしみをやわらげてくれる、子どもらしい信頼も、詩も、ロマンスも、なくなってしまうでしょうし、わたしたち人間のあじわうよろこびは、ただ目にみえるもの、手でさわるもの、かんじるものだけになってしまうでしょう。
 また、子どもじだいに世界にみちあふれている光も、きえてしまうことでしょう。

 サンタクロースがいない、ですって!
 サンタクロースが信じられないというのは、妖精が信じられないのとおなじです。


 〜中略〜

 サンタクロースをみた人は、いません。けれども、それは、サンタクロースがいないというしょうめいにはならないのです。
 この世界でいちばんたしかなこと、それは、子どもの目にも、おとなの目にも、みえないものなのですから。

 〜中略〜

 この世の中にあるみえないもの、みることができないものが、なにからなにまで、人があたまのなかでつくりだし、そうぞうしたものだなどということは、けっしてないのです。

 あかちゃんのがらがらをぶんかいして、どうして音がでるのか、なかのしくみをしらべてみることはできます。
 けれども、目にみえない世界をおおいかくしているカーテンは、どんな力のつよい人にも、いいえ、世界じゅうの力もちがよってたかっても、ひきさくことはできません。
 ただ、信頼と想像力と詩と愛とロマンスだけが、そのカーテンをいっときひきのけて、そのむこうの、たとえようもなくうつくしく、かがやかしいものを、みせてくれるのです。
 そのようにうつくしく、かがやかしいもの、それは、人間のつくったでたらめでしょうか?
 いいえ、バージニア、それほどたしかな、それほどかわらないものは、この世には、ほかにないのですよ。

 サンタクロースがいない、ですって?

 とんでもない!
 うれしいことに、サンタクロースはちゃんといます。それどころか、いつまでもしなないでしょう。
 一千年のちまでも、百万年のちまでも、サンタクロースは、子どもたちの心を、いまとかわらず、よろこばせてくれるでしょう。

********************************



 本にもなっている、有名なお話。
 今までやってきた小論文授業の締めくくり。

サンタクロースっているんでしょうか?
サンタクロースっているんでしょうか?
クチコミを見る







パトリシア

曹操

記事検索
コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: