曹操来了!

輝け、青春!

 外国人入試

平成26年度第2回日本留学試験5

ブログネタ
外国人入試 に参加中!
今日は日本留学試験でした。

IMG_0919 copy

あいにくの天気でしたが、学生たちは頑張ったようです。

けど、

日本留学試験は6月の試験が大切です!

11月の試験ではありません!!







平成26年度第1回日本留学試験

平成26年度第一回日本留学試験が実施されました。

日本留学試験は6月の試験が大切です。11月の試験ではありません!!
IMG_3240







第二回 日本留学試験5

 今日は、平成22年度第二回日本留学試験でした。
 しかし、応援には行きませんでした。


 くどいようですが、もう一度、言います。


日本留学試験は、6月の試験が大切です!11月ではありません!!








外国人の大学入試5

ブログネタ
外国人入試 に参加中!
★外国人入試で実際にあった話です。


 2人の受験生が同じ大学同じ学部同じ面接官から質問をされました。


【Aさんへの質問】

 『日本で有名なファーストフード店は、どのように発展しましたか?』
 『中国のファーストフード店はどうですか?』
 『中国人にウケる料理はどんなものですか?』
 『日本の若者についてどう思いますか?』


【Bさんへの質問】

 『いつ日本へ来ましたか?』
 『日本語はどれくらい勉強しましたか?』
 『アルバイトはしていますか?』
 『何か質問はありますか?』



 同じ大学の同じ学部同じ面接官なのに、なぜこのように違いが出てくるのでしょうか?

 答えは簡単です。
 志望理由書の内容が違うからです。



 では、どちらが合格するでしょうか?
 ちなみにAさんは日本留学試験の日本語が260点です。
 それに対し、Bさんは380点です。

 どちらでしょうか?


 言うまでもないでしょう。




 これが特別選抜入試です。
 日本では偏差値秀才、偏差値社員と呼ばれる若者が大勢います。この人たちは、学校の勉強はとても優秀ですが、答えの用意されたマニュアル通りの思考しかできない若者で、社会が迷惑しています。

 このような反省から、特別選抜入試では、答えの用意されていない問題を解決することができる若者を求めているのです。






外国人学生のための進学説明会 20105

ブログネタ
外国人入試 に参加中!
 外国人学生のための進学説明会2010  池袋 へ行ってきました!

20100711001

 10:00ちょっと前に着いたのですが、既に留学生たちが待っていました。

20100711007




 だいたい10:53頃がピークだったと思います。
 下の写真、列の一番後ろが出口になっています。

20100711002

 列の一番後ろ、奥の扉を抜けると、下の写真です。

20100711003

 角度を変えてみてみると。

20100711004

 そして、さらに

20100711005

 最後尾は、外、ビル(建物)の裏まで伸びていました。

20100711006

 この状況にビビって、ふと時計を見たのが10:53でした。



20100711008

 入口にある案内版。

20100711009

 外がパニック状態なら、中も同様。

20100711010

 芋洗い海水浴場、プール状態で、ブースの通路は歩ける状況ではありませんでした。
 学生の話だと、少ないところでもだいたい20分前後の待ち時間だったようです。

20100711011

 休憩所もパニックでした。

20100711012

 目についたのは、日本語教師の参加でした。

20100711013



 この説明会が始まって以来、毎回、足を運んでいますが、年々、参加者が増えているのは明らかだと思います。ある部分(特別選抜入試)では、日本人以上に需要があるのだから、たった2回、それも東京と大阪に分けてやるだけでは無理があると思います。
 それとも業者がらみなんでしょうか?
 外国人向けの説明会を業者が仕切り、何も知らない外国人留学生を、定員割れで倒産しかかっている大学、つまり、あまりに無能な教授だらけで日本社会から見向きもされない大学に押し込もうという魂胆なのでしょうか?
 それなら、断固として戦うべきでしょうな(笑)!


20100711014

 11:43、廊下へ出てみると、あらまぁ、すっきり!!
 その後、すぐに列ができましたが…。


 とりあえず、明日、学生たちに感想を聞いてみます。





パトリシア

曹操

記事検索
コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: