曹操来了!

人は絶望したとき、最も輝いていたころの自分を思い出し、前に進もうとする。輝け、青春!

 面接・小論文

消費社会1

 消費社会とは、必要のないものを買わせる社会で、そのために、消費者たちを『欲しい』という気持ちにさせる社会である、って、授業で説明したりしていますが、自分がはまるとは思いませんでした。

 つい先ごろ、Windows Vista というのが発売されました。
 実は、私のパソコンはめっちゃ古く、ずっとウインドウズ98を使っていたのですが、いいかげん買い換えたいと思い、パワーアップを考え始めました。ところが、考えている最中、あと数ヶ月すると新しいウインドウズが発売されると聞き、それに洗脳されてしまったのです!新しいのがでるなら、当然、それを待ってから買おう!と。

 けど、実際、パソコン購入の世界では常識となっていますが、新製品というのはすぐ買ってはダメで、落ち着いてから買うのがベストです。最初の頃はトラブルや必要部品、ソフトがはっきりしなかったり、最新情報が少なかったりで非常に苦労します。だから、普通は出てから半年〜1年後に買うのがベストなんです。

 ところが、そんな常識さえも『欲しいパワー』の前では消滅してしまいます。

 その常識を守らなかった私は、今、非常に苦労しています。

 何か不都合が生じて、インターネットでその問題を解決しようと検索しても、検索で引っかかるのはほとんど古い情報です。特殊なページへ行けば載っていますが、それも情報量が不十分です。そんな状況では必要な情報に至るまで、時間がかかってしまいます。
 趣味でパソコンいじりをし、それだけで自分はコンピューターエンジニアか何かと勘違いしているオツムの足りない馬鹿なら、それが快感なのでしょうが、コンピューターを真面目に使って仕事をしている人間からすれば非常に迷惑です。無駄な時間が激しい経済的損失生み出す世界の人間からすれば、非常に無駄で、くだらない時間を浪費させられてしまいます。

 検索だけではありません。
 時間をかけて情報を収集して結論として『これは使えないアプリケーションなんだ』と分かった段階で、さらに買いに走らなければなりません。いいかげん頭に来て、発売元へメールで問い合わせ『もう一度プログラムをアンインストールしてインストールしなおしてください』との返信にしたがってやったところでダメだった場合、結局、『ダメ』という結論で、これまた新しいものを買いに行かなければなりません。

 アプリケーションだけではありません。
 周辺機器、印刷機からスキャナー、無線LANまで、使えるものと使えないものがあります。
 ネットからドライバをダウンロードすれば大丈夫、とは、頭が足りないくせに自分がコンピューターエンジニアか何かと勘違いしている馬鹿の言い草です。
 実際にやってみれば分かります。
 ドライバーダウンロードをする以前に、そこへ至るのにも時間がかかるし、そこへ至ったところで『使えない』という結論へ至るのにも時間がかかります。自分が持っている製品がVistaに対応しているかどうか、膨大な量の製品リストの中から探すのにも非常に手間がかかります。それを見つけ、自分の製品がVistaに対応していないことが分かったところで、まともに仕事をしている人間はおいそれと買い物にも行けません。その間、やはり時間が無駄に過ぎていきます。

 マニアとかオタクと呼ばれる生き物たちは、何も知らないのに、知っているふりをするものですから、真面目に相手をしないようにしましょう。
 本当に知っている人間のことをマニアだのオタクだのとは呼びません。そういう人間のことを日本語では『専門家』または『エンジニア』と呼びます。

 性能的には素晴らしい製品なのでしょうが、もう少し待ってから買いましょう。








大学の小論文試験で大切なもの。5

ブログネタ
大学受験(特別入試) に参加中!
 小論文の参考書を開くと必ず『常日頃から“なぜ?”“どうして?”と“思考”することが大切だ』と書いてあります。その本を書いたあなた自身が思考しなさいと言いたくなってしまいます。
 これらだけではダメです。そんなことをしたって大した中身は書けません。このように書く人たちは、誰か他人が書いたものをロクに考えずそのまま真似して言ってるだけですから。

 そこでもう1つ大切になってきます。それは『本当?』です。
 下の文章を読んで考えてみましょう。

 昭和39年当時、輸血に供される血液の実に97.5%は売血によるものだった。
 血液銀行へ行くと、400mlの血液が1650円で売れた。これは一日中炎天下で重労働して得られる日当に相当する額であった。ちなみに、カツ丼一人前が120円だったころのことである。
 医学の進歩に伴い、外科領域では手術が盛んに行われるようになった。今と違って、少し複雑な手術になると大量の輸血を必要とした時代である。手術の増加で血液の需要が加速度的に増えた。
 一方、車社会を迎えて交通事故が急増し、血液不足に一段と拍車がかかった。

 売血を扱う商業血液銀行にとっては、圧倒的な売り手市場であった。
 商業血液銀行は、勿論慈善事業をしているわけではない。企業である以上、利潤追求するのは当たり前だ。とはいっても、扱っているのはほかならぬ輸血の血液である。そこにはおのずから商道徳とか、節度というものがあってしかるべきと思う。
 ところが当時の商業血液銀行には、道徳や節度などはかけらほどもなかった。
 血液の需要は増える一方だが、血液の提供者つまり売血者の絶対数には限りがある。やがて法を犯して頻回に採血が行われるようになり、常習売血者が誕生した。
 そこに、まるで砂糖に集まる蟻のように暴力団が群がった。
 かくして、商業血液銀行のモラルを逸した利潤の追求、常習売血者の頻回採血による血液の質の低下、そして暴力団の暗躍という、容易に想像し得る「悪の構造」がたちまち現実のものと化したのである。
 監督官庁である厚生省や実質的管理責任の立場にある東京都の薬事課は、このような売血の実体を何一つ把握していなかった。それどころか、血液の供給不足を解決するための何らの方策も立て得ぬまま、むしろこれら商業血液銀行の後押しをしている始末であった。
 血液がいくらでも欲しい血液銀行は、ついには売血者自身がひどい貧血や、栄養失調という極めて粗悪な血液でも手当たり次第に買い上げたのである。
 国が、営利目的の民間企業に血液事業を認可したことがどだい間違いの元なのだが、それはともかく、こうして、劣悪な血液がどんどん製品化され、輸血に供されていった。
 その結果、輸血を受けた患者さんが軒並み肝障害に罹ったのである。
 当時在日アメリカ大使であったライシャワー氏も例外ではなかった。
 ライシャワー大使が血清肝炎に罹ったことがきっかけとなり、それまで当たり前に行われてきた売血が”黄色い血の恐怖”として大きく世に問われることになった。
 昭和39年のことである。
 当時私たちは東邦大学医学部4年の学生であった。
 よしんば血清肝炎に罹ったとしても、何かしら治療の方法はある。しかし、血液がなければ手術をすることができない。「輸血後の肝障害は覚悟の上で……」と医療関係者の誰もがそう考えていた。

 そして、厚生省もまた血液が人工的に作り出せない以上、血液の売り買いもこれやむなしと公言してはばからなかった。
 私たちは、この事態を黙って見逃すわけにはいかなかった。
 12人の仲間が集まって「血液問題研究会」を結成。売血撲滅を目指して立ち上がったのである。

引用した文章もと:大分県立看護科学大学入試問題より
売血 若き12人尾医学生たちはなぜ戦ったのか近代文藝社 1995



 問題:以上の文章から、昭和39年代に起こりうる犯罪と悲劇を想像せよ。
 問題:『現在の日本社会は物質的に豊かになったが精神は貧しくなった』といわれることがあるが、上のような状況の昔の日本社会と今の日本社会を比べ、具体的にどのように精神が貧困になったのか、昭和39年代の人々はどのように精神が豊かだったのか、上の問題の『想像』を踏まえた上で、あなたなりの答えを見つけなさい。


 さて、上の文章は、小論文問題集で見かけた問題を引用し、問題自体を変えました。本来は看護学科の小論文ですので、問題自体、献血に関する『常識問題』を中心に構成されています。それを変えて出したテーマが上の問題です。
 これをお読みの方も耳にしたことがあるでしょう。現代の社会を表して『精神の貧困』だの『犯罪の凶悪化』だのといった話を。『昔に比べて精神が貧困になった。心が貧しくなった』と言われます。
 けど、本当ですか?
 上の文章をよく読んで下さい。昭和39年の社会状況を考えて、どのような悲劇が起きていたことでしょう。想像しようとしただけでゾッとします!
 本当に昔の人は『心が豊か』だったのでしょうか?
 現在の社会で起きる信じられないような事件は『心が貧しくなった』から起きるのでしょうか?

 先日、NHKの夜中の番組で、昔の白黒フィルムを放送していました。
 その白黒フィルムは『駅』をテーマに、カラーテレビが普及していなかったような時代、私が生まれるずっと以前の昭和の姿、日本の風景を映していました。その風景に映し出される情景を見て、『こんな時代もあったんだ。』と感じました。
 そのフィルムの中で、私が生まれるずっと前の新宿駅を映していました。そこには通勤するサラリーマンの姿も映し出されていました。それを見て唖然としました。
 当時の通勤電車では、今のような『整列乗車』何ぞありゃしません。電車が来て扉が開くと、一斉に豚が餌に群がるかのごとく入口に殺到したのでした。

 その光景を見て、私の子ども時代の経験を思い出しました。
 やはり電車に関する話ですが、地方の叔母の家へ遊びに行くということで、上野駅で電車を待っていたときのことです。駅のアナウンスでは、次に来る電車は全て自由席の電車で、2つ扉の電車が来るとのことでした。そこで、乗客たちは2つ扉の電車用乗車目標で待っていました。
 ところが、実際に来たのは3つ扉の電車でした。たまたま列の外れでふらふらしていた妹(幼稚園児)の目の前に3つ目の扉が止まり、それに気がついた妹がそこから乗りこもうと、3つ扉の前に立って開くのを待っていたその時、周りにいた大人たちが一斉に3番目の扉に殺到しました。小さな妹の存在を全く無視し、です。
 パニックになりました。
 誰が?って、豚のように殺到する大人たちが、です。我先に、他人のことなんぞ、小さな子どものことなんぞ、全くお構いなしに殺到しました。
 一瞬で妹の姿が私の視界から消滅し、殺到した豚野郎たちに踏み潰され泣き叫ぶ声だけが聞えてきました。
 その情景を見て父が怒鳴りました。
 『子どもがいるんだ!きちんと並べ!

 さて、


こんな時代の人たちのどこが『豊か』なのでしょうか?


昔の日本人のどこが『豊か』なんでしょうか?



 前述の話を踏まえた上で『今の日本人は物質的に豊かになりましたが、精神的には貧しくなりました!』なんて堂々と書いてある小論文を読んだら、あなたならどう感じますか?

 私は『結論が間違っている』というのではありません。
 自分の頭で考えたかどうかと言いたいのです。


 私に言わせれば現代人の方が遥かに心に余裕があり、心が豊かです。

 『都会人はいつの時代も心が貧しい』?
 いいかげん騙されないようにしましょう。

 ちゃんと勉強しましょう!

 凶悪犯罪だって、現在の方が圧倒的に少ないのです。
 昔の人に信じられない事件が現代に起きても、前述の血液銀行の話を見れば分かるとおり、昔は現代人にはとうてい考えられない事件が沢山起きていたのです。

 常日頃、常識だと教えられてきたこと、実は嘘だらけなのです。
 いや、嘘ではありません。
 見方によっては全く違う結論に至る可能性を含んでいるのです。
 常識とは絶対的なものでは決してないのです。

 認知症の疑いがあるようなボケ老人に限らず、年をとった人間というのは、昔のことを美化し、平気で嘘をつき、若者たちに偏見を与えるという悪い癖があります。これは仕方のないことです。そうでもしなければ自分の『負け犬人生』がより惨めなものになってしまいますから。
 そんな負け犬たちが口にする嘘だらけの郷愁を真に受けて小論文を書いたところで、その文章にどれほどの価値があるのでしょうか。

 人から聞いた話を鵜呑みにせず、また、人の判断に頼るだけでなく、自分の目で見て、自分の頭で考え、判断すること、それが小論文の課題に他なりません。





国語力より、まず中身!5

ブログネタ
大学受験(特別入試) に参加中!
 中田が引退宣言をしました。

 本当に残念ですね。

 引退宣言を彼のホームページで公開したということで、昨日の夜のニュースで知りました。

 その番組の中で、アナウンサーが、彼の引退メッセージ“人生とは旅であり、旅とは人生である”を読んでいたのですが、聞いていてジーンと来ました。これを聞いて涙を流したファンもいるでしょう。本当に熱くさせてくれる内容でした。

 さて、こちらのメッセージ、本当に中田英寿氏が書いたのでしょうか?

 ゴーストライターの存在や、友達に直してもらっただのと、色々な空想や妄想を抱くことはできます。けど、素人ながら、一ファンとして聞いた時、これが本物のサッカー選手の言葉なのか、と素直に感動しました。

 そう。

 中田が言うから重みのある言葉になり、中田だから書ける文章なのです。中田の文章は上手?下手とか、文章力がどうたらという話はありません。っつうか、誰もそんなこと気にしないでしょ?


 いわずもがな。

 私が、志望理由書だろうが小論文だろうが受験生たちに言っているのは、文章が書けないのは国語表現力ではない。中身がないから書けないのだ、ということです。

 文章と言うのは、自分の中に何かがあって初めて書けるものなのです。

 文章と言うのは、自分の中にあるものを表現しようとする『手段の1つ』に過ぎないのです。

 小論文の課題を与えられたとき、そのテーマに関するものが何もなければ決して書けません。どんなに国語表現を学んでも無理です。いや、国語表現なんぞ、習っても全く無意味です。

 自分の中に、何か伝えたいものがある。伝えたい考えがある。そうなれば誰だって文章が書けます。いや、そうならなきゃ書けないのです。そうなって書いてみて、『文章センス』というものが気になったとき初めて国語表現が必要になるのです。

 まずは中身です。中身があれば、国語の成績が悪い人間でも文章は書けるのです。まぁ、漢字が分からないようなレベルなら話は別ですが…。

 中身のないうちから国語表現などやったところで意味などないのです。

 これを知らない受験生や『先生』とやらが多すぎます。っつうか、先生自身、中身がないから。


 中田のは手紙文だから簡単?

 じゃぁ、そういう人にぜひ手紙文を書いてもらいましょう。



 以前、勤めていた日本語学校では必ず卒業文集を課題として出します。

 日本へ来て、日本語を学習した留学生たちの最後の仕上げです。その文集に私たち先生も文章を載せます。始めの頃は何でもありだったので、先生方1人1人が工夫を凝らして、卒業する学生たちにメッセージを贈っていました。私など、4コマ漫画を載せました。ところが、ある年から先生方も学生と同じく○文字の文章を、ということになりました。さぁ、大変。

 先生方は日本語教師、日本語のプロ。それもベテランの方が大勢います。

 しかし、出来上がったものは?

 読んでいる方が恥かしくなる内容ばかりです。

 きっと日本語の文法や語彙は完璧なのでしょう。また、きっとお忙しい方たちばかりだから内容のある文章を考える時間などなかったのでしょう。1ヶ月前から言われていたけど、きっと忙しくて忙しくて大変だったのでしょう。けど、卒業生に贈る言葉が、誰も読みたくないような、その先生が担当だったから読んでやるか、というような、実につまらない文章だらけでした。


 これは日本語の先生に限ったことではありません。学校の国語の先生も同じです。そんなに偉そうなことをいうなら、あんた、どれほど凄いこと書くんだい?って聞いてやりましょう。

 あ、私の文章は、私のサイトを読んで下さいね。


 国語表現だのと喚く先生ほど、くだらない文章しか書けません。

 …っつうか、マトモなこと言える頭があれば『小論文は国語だ』なんて言いません。

 『小論文は中身だ』と言います。





頭を使って考えよう

ブログネタ
大学受験(特別入試) に参加中!
 小論文を書くと言うことは、知識を繋げる作業だと考えましょう。

 ビックリマンチョコというのがあります。そして、私たちのころは仮面ライダースナックというのがありました。

 共通するのは?

 共に、それについているオマケ(シール、カード)目当てで買うということです。そのおかげで、カードだけとってスナックは食べずに捨てる子どもがいるという具合に、社会問題になりました。その問題の中心は、モノを大切にしない子どもたちというものでした。

 食べ物を粗末にする。

 はたして、そうなのでしょうか?

 なぜ、子どもたちがスナック菓子を捨てるのが非難されるのに、マクドナ○ドが数分間でハンバーガーやフライドポテトを捨てるのが非難されないのでしょうか?

 そこで、今まで勉強したテーマを思い出すのです。何かこの現象と繋がることはないでしょうか?

 ありますね?

 先日、話した大量消費社会の問題点です。

 結局、子どもたちも大量生産・大量消費社会の犠牲者たちなのです。不要なものを欲しいと思わせて何とか買わせようとする大人たちに操られているだけなのです。

 先日、デパートのゲームセンターの機械の前で、小さな小学生たちがシールみたいなものを売る機械の前で、必死に買っていました。いや、必死に金を使っていました。恐ろしいと思いました。

 チョコレートを捨てる、スナックをすてる、もったいない?

 大金をはたいて買ったのにろくに使っていないパソコンやダイエット用品と、どちらがもったいないでしょうか?

 子どもを非難する以前に大人たち、社会の問題なのです。




 新聞が問題提示をしていたら、まず、疑いましょう。果たしてその通りなのか?疑ってみるのです。そして、様々な視点から考えてみましょう。

 人の話でも鵜呑みにするのではなく、疑問をもつのです。これは相手を信じるな、というのではありません。どんなに親しい相手だって、勘違いしているかもしれません。まず自分の頭で考えるのです。





授業ノート(ボランティア)5

ブログネタ
大学受験(特別入試) に参加中!
志望理由書・作文・小論文の授業

 ●ボランティアと個人

 先日の授業では、日本人のボランティアについて話をしました。

 市民意識の話をしました。個人としての自覚です。ここらへん日本人は苦手で、どうしても個人よりも全体、所属する集団を優先的に考えてしまいます。

 そんな話から、ボランティアについてみてみました。


 まず、私たちは『ボランティア』という言葉に対しある種の偏見を持っています。それは「無報酬で行う高潔なる仕事」という偏見です。

 大間違いです。

 『ボランティア』の本来の意味は『志願』という意味で、個人が自発的に行う活動のことを言います。
 スターウォーズ・エピソード1という映画の中で「私たちはボランティア軍なので、姫をお守りできません。」みたいな台詞が出てきました。それを見た時、「はぁ?」と感じましたが、これは私たちの認識の歪みにすぎません。
 朝鮮戦争が起きた時、北朝鮮が38度線から北へ追いやられ、もうおしまいだというときに中国が介入しました。いや、中国の中のボランティア軍、つまり、『義勇軍』が参加したのです。
 こういった私たちの認識を、まず改めなければなりません。


 『個人が自発的に決意選択し、人間の持っている潜在的能力や日常生活の質を高め、人間相互の連帯感を高める活動』これがボランティアなのだそうです。つまり、個人が自発的に行い、人間同士の連帯を深める活動、これがボランティアです。決して無報酬で献身的な仕事をする事ではありません。
 困っている人たちを満足させる。身体が不自由なのは彼の責任ではありません。だから、身体が不自由な人間がいたら、それを help する(“手伝う”であって“助ける”ではない)のが、個人としての、当然の義務。そうやって個人と個人が連帯し、社会をよりよくしていく、それがボランティアです。


 しかし、個人と個人連帯よりも、私たちはまず『個人』を作ることから始めなければなりません。

 日本人は個人を独立したものとは考えず、何かと周り気を配るようにコントロールされます。子どもの時から“手伝い”を“助け”と歪めて受けとめ、遠慮を心がけるように洗脳されます。


 従兄がなくなった時の話です。

 喘息にかかっていた従兄が、急な発作が酷く救急車で病院へ運ばれ、一命をとりとめました。ところが、退院後、しばらくして再発した際、『また救急車を呼ぶのは悪いから』と呼ばなかったそうです。そして、他界しました。

 これは極端な例ですが、私たちは子どものころから要らぬ心配をするように洗脳されるのです。『世間様に迷惑をかけてはいけない』という錦の旗印の下、一個人の権利より全体の発展を考えるように仕向けられるのです。

 学校教育がそれを実行しています。

 集団生活という言葉でコントロールしています。腹痛を起した子どもを『集団行動』の名の下に虐待するのです。ここまでは完全な軍隊教育です。そして、その軍隊教育を悟られぬよう『周りに迷惑をかけない』『周りに気を使う』というまやかしの美徳を掲げ、それと同時に『困っている人間を助けようとする行為は、高潔なる行為、素晴らしい、神様か天使様のような行為』といった歪んだ認識を植えつけ、洗脳して行くのです。

 そして、できあがったのが現在の日本社会です。



 『ビューティフル・ライフ』というドラマがありました。

 キムタクが出てたドラマです。
 ドラマの中でヒロイン役の障害者、常盤貴子が、キムタクにひかれて行きます。心ひかれて恋に落ちます。しかし、恋したのはハンサムだからではありません。キムタクが、今まで日本社会や日本の教育で『素晴らしいこと』として洗脳されて来た『偏見』を持っていないから、心引かれたのです。

 ドラマの中で常盤貴子が言います。

 「あなたって変な人ね。普通の人はね、私に“頑張ってね”とか“何かあったら言ってね、私にできることならなんでもするから”とか言うの。けど、あなたは違う…。」

 みたいなことを。

 『障害者は可愛そうな人』と考えるのは偏見以外のなにものでもありません。だから、思いやりの心を持って、など言語道断です!それは差別と偏見以外の何物でもないのです。

 「可愛そうだから助けなければいけない、その助けることは高潔なる精神の現れ、素晴らしい行い」

 馬鹿もやすみやすみ言いましょう。

 障害者だろうが御年寄りだろうが、相手は立派な『個人』であって、その基本的人権を尊重しなければなりません。『社会的弱者』とか『可愛そうな人たち』というレッテルを貼り差別してはいけないのです。完全な人権侵害です。
 私たちは、このような不当な差別と断固戦わなければならないのです。

 当り前の、ごく普通の、一個人として接しましょう。高齢者だろうが障害者だろうが、良い奴もいれば嫌な奴もいるのです。酷いことをすれば怒り、良いことをすれば素直に喜び、一人の人間として私たち、つまり、社会が受け入れて行かなければなりません。
 『相手は社会的弱者だ。だから、虐めてやろう』という発想と『相手は社会的弱者だ。だから、助けてやろう』という発想は同じことです。彼らの存在を特別視するのではなく、当り前のこととして受けとめていく社会を作らなければなりません。
 ドラマの中で、キムタクが何気なくやった行為でしたが、それがこのドラマのメッセージだと思います。たとえ相手が障害者であっても、むかついたら怒り、自分の立場を立てにとれば怒り…。



  常盤「こらぁ、障害者をもっと大切にしろ!」

キムタク「どこが障害者なの?…図書館では静かにね!」



 学校教育とやらの恐ろしさを考えると、心底、ぞっとさせられます。




パトリシア

曹操

記事検索
コメント
Google
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: