消費社会とは、必要のないものを買わせる社会で、そのために、消費者たちを『欲しい』という気持ちにさせる社会である、って、授業で説明したりしていますが、自分がはまるとは思いませんでした。

 つい先ごろ、Windows Vista というのが発売されました。
 実は、私のパソコンはめっちゃ古く、ずっとウインドウズ98を使っていたのですが、いいかげん買い換えたいと思い、パワーアップを考え始めました。ところが、考えている最中、あと数ヶ月すると新しいウインドウズが発売されると聞き、それに洗脳されてしまったのです!新しいのがでるなら、当然、それを待ってから買おう!と。

 けど、実際、パソコン購入の世界では常識となっていますが、新製品というのはすぐ買ってはダメで、落ち着いてから買うのがベストです。最初の頃はトラブルや必要部品、ソフトがはっきりしなかったり、最新情報が少なかったりで非常に苦労します。だから、普通は出てから半年〜1年後に買うのがベストなんです。

 ところが、そんな常識さえも『欲しいパワー』の前では消滅してしまいます。

 その常識を守らなかった私は、今、非常に苦労しています。

 何か不都合が生じて、インターネットでその問題を解決しようと検索しても、検索で引っかかるのはほとんど古い情報です。特殊なページへ行けば載っていますが、それも情報量が不十分です。そんな状況では必要な情報に至るまで、時間がかかってしまいます。
 趣味でパソコンいじりをし、それだけで自分はコンピューターエンジニアか何かと勘違いしているオツムの足りない馬鹿なら、それが快感なのでしょうが、コンピューターを真面目に使って仕事をしている人間からすれば非常に迷惑です。無駄な時間が激しい経済的損失生み出す世界の人間からすれば、非常に無駄で、くだらない時間を浪費させられてしまいます。

 検索だけではありません。
 時間をかけて情報を収集して結論として『これは使えないアプリケーションなんだ』と分かった段階で、さらに買いに走らなければなりません。いいかげん頭に来て、発売元へメールで問い合わせ『もう一度プログラムをアンインストールしてインストールしなおしてください』との返信にしたがってやったところでダメだった場合、結局、『ダメ』という結論で、これまた新しいものを買いに行かなければなりません。

 アプリケーションだけではありません。
 周辺機器、印刷機からスキャナー、無線LANまで、使えるものと使えないものがあります。
 ネットからドライバをダウンロードすれば大丈夫、とは、頭が足りないくせに自分がコンピューターエンジニアか何かと勘違いしている馬鹿の言い草です。
 実際にやってみれば分かります。
 ドライバーダウンロードをする以前に、そこへ至るのにも時間がかかるし、そこへ至ったところで『使えない』という結論へ至るのにも時間がかかります。自分が持っている製品がVistaに対応しているかどうか、膨大な量の製品リストの中から探すのにも非常に手間がかかります。それを見つけ、自分の製品がVistaに対応していないことが分かったところで、まともに仕事をしている人間はおいそれと買い物にも行けません。その間、やはり時間が無駄に過ぎていきます。

 マニアとかオタクと呼ばれる生き物たちは、何も知らないのに、知っているふりをするものですから、真面目に相手をしないようにしましょう。
 本当に知っている人間のことをマニアだのオタクだのとは呼びません。そういう人間のことを日本語では『専門家』または『エンジニア』と呼びます。

 性能的には素晴らしい製品なのでしょうが、もう少し待ってから買いましょう。