ブログネタ
ゆとり教育 に参加中!
日本人入試 ≫
 推薦入試を始めとする特別選抜入試とAO入試に関し、まだまだ世間での認識が弱いようです。

 マスコミでさえ、AO入試のことを一芸入試かなにかのように煽り、その煽り方も『けん玉日本一のような一芸の持ち主』といった具合に、なんか、勉強しなくても楽して入れる『お得な入試』といった印象を与えています。しかし、大間違いです。

 ここで断言します。

 大学によっては、一般の学科試験入試より推薦入試やAO入試のほうが遥かに難しいです!!
 楽して入れるなんて考えないで下さい!!
 楽して入れる『お得な入試』を実施する大学は、そういう大学だと考えましょう。そういう所は一般入試だって簡単ですから。

 また、何も知らない高校の先生が無責任に推薦やAOを勧めますが、これまた無責任極まりない発想です。止めてください!何とかなるなんて思わないで下さい!!

 志望理由書なんか適当にチェックすれば大丈夫?
 なら、あんたがやってみせろ!

 確かに、私の本サイトで書いたように推薦やAOで楽々合格できる大学も沢山あります。そのレベルの大学では一般入試でも楽々合格できます。しかし、一般入試が難しいような大学の公募推薦やAO入試は非常にレベルが高く、学科試験で合格するような受験生より遥かに優秀でなければ合格できないのです。


 推薦入試のうち公募推薦、倍率の成立するAO入試は、一般入試(学科試験)より難しいです!!そのような難しい入試に無謀なチャレンジをするくらいなら、本屋で問題集を買ってコツコツ偏差値を上げ、一般入試を受けた方が遥かに楽です。


 注意して下さい!!

 英語や数学ができるようになるために長い時間努力しなければならないことは、皆さん、知っているようです。しかし、小論文や志望理由書を書けるようになるためにも長い時間努力しなければならないことを知っている受験生は、いや、学校の先生は、少ないようです。

 無責任な先生の言うことを信じて無謀な掛けに出るのは止めましょう。
 優れた発想は、思考力のない受験生には無理です。
 思考力のない受験生は、真面目にお受験のお勉強をして一般入試を目指して下さい。
 額に汗して努力しましょう。


 そして、決して忘れないで下さい。

 公募推薦もAO入試も、決して楽して合格できる入試ではなく、合格できる受験生は、一般の学科試験でしか合格できない受験生より、遥かに優秀です。

 いずれこれら、特にAO入試が注目される時代が来るでしょう。

 同じ高学歴所有者でも、一般の学科入試合格者とAO入試合格者では質が違いますから。

 学歴がいいかげんであることを社会が気がついています。ここらへん、私の本サイトでも書いています。そこで、たとえ一流大学出身の受験生でも、その中身を評価するようになっています。その選別の1つとして受験方法を問うなんてこともありうるでしょう。
 一般入試で進学した学生よりAO入試で進学した学生の方が遥かに優秀ですから。
 いや、そもそもそんなことしなくても、AO入試で進学したような連中なら、どこからでも引っ張りだこでしょう。お勉強しかできない『能無し』など、社会迷惑なだけですから。

 高レベルのAO入試とは、そういう入試です。