ブログネタ
外国人入試 に参加中!
外国人入試 ≫

 外国人入試は、日本人の特別選抜入試と同じ枠内で募集されます。ですので、それに合わせた対策を取らなければなりません。

 そこで、日本人の入試予定に合わせた外国人入試スケジュールを紹介します。

 

4月〜6月

 日本人の高校生たちは内申(高校内の成績)を上げるために努力します。この内申をもとに特別選抜入試にエントリーするか、それとも学科試験の一般入試を受験するかが決まってしまいます。

 外国人入試の場合も同様で、6月にある日本留学試験で受験する大学が決まってしまうのです。

 

7月

 6月の留学試験の結果が、7月の下旬に出ます。それまで、私の学校では様々なイベントを実施いたします。これは日本社会を経験してもらうのが目的ですが、何より面接試験での話題つくりでもあります。

 時々、何も知らない日本語狂師が『そんなことより日本語を学習する方が大切!』と発狂しますが、真っ赤な嘘です。外国人が受験する特別選抜入試の評価では、学科試験以前に本人の人格が優先されますので、お勉強云々以前に、受験者本人がどのような事を感じ、考え、目標としているのかが大切になります。ただ、あまりやりすぎると新聞で騒がれる日本の若者のように『内申稼ぎの行事参加』になってしまうので注意が必要です。

 いずれにせよ、日本語狂師ごときに指導できるものではありません。受験屋を馬鹿にしないで下さい。

 7月に結果が出たら、即、個別面談を実施します。6月の成績でどのような勝負をするのかを決定しなければなりません。

 6月の日本留学試験の日本語で200点しか取れないような学生が、11月の試験で300点超えるなどギャンブルに近いです。そこで、まず『ビザの心配』を優先させ、安全圏にある大学の合格を確保し、その後に、チャレンジ入試を受験させるよう指導します。つまり、この試験で『11月に再チャレンジできる受験生』と『11月以前に合格を優先させる受験生』が決まってしまうのです。

 ここらへん理解できない外国人が多く困ってしまいますが、それ以前に日本語狂師がデタラメなことを言って足を引っ張ってくれるもんだからたまったもんじゃありません。

 

8月

 この期間にオープンキャンパスへ行き、志望理由書の材料となる情報を収集してくるように指導します。ここらへん、日本人受験生と全く変わりがありません。『日本人の大学入試と外国人の大学入試は違う!』と喚く方々がいかに狂った人間だか、お分かりいただけると思います。

 外国人独特と言えば、提出書類で、夏休み中、一時帰国するような学生には、必ず必要書類を揃えてくるように指導します。

 

9月

 いよいよ追いこみの時期です。これまた日本人受験生と同じです。日本人受験生の場合、この頃に指定校推薦、一般推薦のエントリーが決まってしまいます。それに合わせ、外国人入試でも、再度、面談を実施し、対策状況、出願準備状況を確認します。

 それと同時に、この月から試験当日まで『大学個別試験に向けた対策』を行います。面接の指導はもちろんですが、それ以前に、大学の個別試験は大学・学部によって個性的で、様々な対策を行わなければなりません。英語が必要な大学、古文が必要な大学、公民が必要な大学、歴史が必要な大学、中学受験の知識問題のような知識が必要な大学、などなど、個別に対策を進めなければなりません。つまり、『ナントカ別上級』なんぞとかいう日本語学習なんぞやっている暇などないのです。

 

10月

 既に戦闘は始まっています。

 早稲田大学の外国人入試だけでなく、次年度4月入学生の入試は9月から始まっており、この月から徐々に増えて行きます。無論、入試に直結した対策を行わなければなりません。

 

11月

 日本人の特別選抜入試の1番のピークです。つまり、外国人入試のピークでもあります。

 第2回日本留学試験がある月でもあるのですが、この頃になってようやく『11月試験では遅すぎる』と思い知る外国人学生が大勢います。しかし、既に手遅れです。ただ、外国人なら思い知るので気がつけるのですが、日本語狂師にはまったく理解できないようです。

 また、『11月試験での出願も可』となっている大学の入試が、11月の日本留学試験の前日に実施されたりします。日本語狂師の皆さん、空想でものごとを言う前にしっかりと勉強しましょう。

 

12月

 この月でほとんどの特別選抜入試が終了します。つまり、外国人入試も終了となります。

 ただし、原則、日本人の入試を優先的に実施しますので、日本人入試が終わってから外国人入試を実施するような大学では、早々と出願だけ行い、年明けに試験を行うところもあります。ただ、そのような大学でも11月の試験結果がでる以前に出願締め切りとなりますので、11月の結果を見てからでは受験不可能です。

 下旬、11月の留学試験結果が出ますが、それを見てから大学を探しても手遅れです。

 

1月〜3月

 日本人の一般入試が始まります。そのため、この時期、大学側は外国人入試になんぞ時間を割けないというのが本音です。その結果、このころの外国人入試のほとんどは『日本留学試験利用入試』になります。つまり、日本留学試験の結果が高いものから合格するのです。さすがにヤバそうな外国人をはじく意味で『面接のみ実施』という大学もありますが、かなりの大学で『書類選考』となっています。そのせいで、日本人なら見向きもしないような無名大学に、留学試験の日本語で300点を超える優秀な学生が受験します。見ていて本当に気の毒です。この惨めな現実は、いかに指導者に恵まれなかったかということを物語っています。

 また、この時期に募集するのは、9月〜12月の募集での欠員を補う補欠入試的性格、つまり、二次募集、二回目募集が多く、合格者が非常に少なくなっています。9月〜12月入試での募集の1/4〜1/3程度と見ていいでしょう。その少ない募集枠に大勢の受験生が殺到します。11月の試験結果を見てから出願する学生と、9月〜12月入試で不合格になった学生、そして、ふと我に返ってビザ確保に必死になる学生が受験してきます。まさに『バトル・ロワイヤル入試(分からない人は日本人に聞きましょう)』になります。

 

 日本語教師の皆さん!
 どうか未来ある若者を絶望のどん底に落さないで下さい!!