ブログネタ
大学受験(特別入試) に参加中!
 オープンキャンパスの季節になりました。

 オープンキャンパスへは必ず行きましょう。

 行って何をするのか?

 そんなことは自分で考えればいいことなのですが、自分なりに考えたところで、後々、『失敗した!』という声が出るのも事実です。私個人では、別に失敗だっていいと思っているのですが、やはり、どうせ行くなら最大限の効果をあげて欲しいというものです。

 そこで、ここでは、オープンキャンパスへ行く際のポイントを上げておきたいと思います。


 まず、何をしにオープンキャンパスへ行くのか、確認しましょう。

 そう。

 これから進学しようとする進学先を見学して検討するために行くのです。ただ、これが大前提なのですが、どうも世の中、そう考えない受験生が多いようです。そこで、まずこのことについてよく考えることにしましょう。

 ある人が大学へ行こうとした。どこの大学がいいのか探します。探すとき、まず何を調べますか?

 当然、経済的なもの、場所的なことから入るでしょう。

 これらを志望理由で言っても構わないと思うのですが、どうも世の受験屋さんたちは格好つけたがり、言わないように指導するようです。

 そして、次は?

 そう。

 普通に大学を探すなら、当然、『大学で何をするか』というのが非常に重要になってきます。

 親や教師といった大人たちから就職に有利だからといわれ、それを信じてただ『大卒』という紙切れをもらいに行く受験生なら、ぜひ一般入試か、定員割れ起こすような大学を選ぶようにしましょう。その方が楽だと思います。


 しかし、倍率が成立する大学・学部の推薦、AO入試を狙うなら、オープンキャンパスから勝負です。

 そこで、最低限度、オープンキャンパスへ行く前にやってほしいことがあります。それは、自分が望む進路(職業)について、事前に勉強してほしいということです。


国際公務員になるには


 「ちょっとダセェなぁ…。」

 と感じるかもしれません。

 「その職に就くには無限の方法があるはずだ!」

 と感じるかもしれません。

 確かに、そう感じる気持ちはよくわかりますし、そのとおりだとも思います。けど、そんな狭い視野で職業を見ず、まずは原則、基本として『いろいろな人の意見を聞く』ようにしましょう。

 学歴で人を評価するのは良くない、なんて当たり前のこととして通っています。そんなことは、高学歴の人間が恥知らずな犯罪で逮捕される現実を見れば、よほどの馬鹿でないかぎりわかります。

 しかし、世の中には、大学を出なければならない職業がたくさんありますし、大学を出たほうが近道の職業もあります。私が小学生の頃、憧れた漫画家なんて職業も、大学を出たほうが知識や視野が無限に広がり、面白い作品が描けるのです(…って、神様は医学部出身でしょ?)。

 ぜひ研究し、そこから自分が感じた疑問、興味をまとめ、オープンキャンパスで質問してきてください。

 特別選抜入試やAO入試での前提は、『将来、こんなことをやりたい。だから、そのために学問を修めたい』というものです。

 そのための事前の準備は決して怠らないようにしましょう。