曹操来了!

人は絶望したとき、最も輝いていたころの自分を思い出し、前に進もうとする。輝け、青春!

2020年 入試改革5

 「出口が変わらない限り何も変わらない。」

 これは偏差値教育を批判するときのワンパターン化した反論の話しだ。

 教育とは「人間を育てること」に他ならない。だから、学校と呼ばれるところなら、小学校だろうが中学校だろうが高等学校だろうが、教育基本法に書かれている「人格の完成」を目指して人間の教育、いわゆる「全人教育」を行わなければならない。にもかかわらず、これまでの学校教育は出口である「お受験」を目指した「偏差値教育」に偏ってきた。そのことへの批判への返事が「だって、大学(高校)入試がそうなんだから仕方ないだろ?」だった。
 だから、今度の改革で、文部科学省は相当本気の覚悟で「大学から改革」を始めたんだ。
 それはそれだけ焦ってる、ってことなんだ。

 何にかって?
 今の日本社会を支える低能な大人たちに焦ってるの。

 文部科学省に勤めるお役人様はエリートだよ。だから、当然のごとく頭がいいし、20年先30年先を見通せる 宇宙人。けど、「その他大勢」の大人たちはただのバカでしょ?
 このバカたちが日本を亡ぼすの。

 かつて、戦後経済成長の時代なら、ただ何も考えずに努力すれば成功できた。むしろ、資本家たちからすれば、余計なことを考える使用人は使えねぇ奴だから、学校教育では、ただひたすら「たった一つの正解」を求める訓練をさせてきた。人格よりも偏差値が優先され、社会の構成員たちを教育して来た。その結果が現在の日本社会。自分の頭で考えず、無責任に適当なことを言う大人たち。どっかで耳にした適当な話を「いいね、これ!」と思い込んで自分の意見にし、それを他社から批判されると逆切れして発狂する、まるで幼稚園児のような大人たち。サラリーマンとかいう使用人たちの世界では階級制度が成立しているから、どんな馬鹿でも下の者たちからは反論されない。
 けど、それがいかに間抜けで競争力に欠ける状態か、余程のバカ以外、わかりそうなもんだ。
 それに焦ってるの。

 馬鹿が偉そうなこと言っても、何にもならないでしょ?
 偏差値は高くても、頭の悪い人間が偉そうなこと言ってても、何の問題解決にもならないでしょ?
 偏差値は数字で表せるからどんな馬鹿にも高い低いが理解できる。けど、本当の頭の良し悪しは数字で表せないから、偏差値が高い奴が勘違いする。
 けど、馬鹿はバカなんだよ。

 主体性を育ててこなかったから、馬鹿な大人は、誰かのアイディアや意見を否定することでしか自分の存在を誇示することができないの。これまでの学校で成績が良かっただけの人間って、そういうことしか出来ないの。自分自身からは何も生み出せない、ただの「使用人」だから。
 そして、仮に話が進んでも、失敗すれば考えた奴のせい。成功すれば自分の手柄って具合に、恥も外聞もなく勘違いする種族、それがサラリーマンと呼ばれる連中だ。
 冷静に考えれば、こんな連中がデカいつらしてたら、日本は滅びるってわかるでしょ?

 知育(お勉強)
 徳育(人間教育)
 体育(健康な身体)

 そして、最近ではこの3つを支える「食育」。
 私が10年以上前から専門にやってきた「推薦入試」や「AO入試」って「知育」じゃないの。
 明らかに「徳育」なの。


 さぁて、どうなることやら。
 私は、既に準備が出来ている!!



東京大学 推薦入試

ブログネタ
大学受験(特別入試) に参加中!
東京大学の推薦入試の合格者発表が行われた。

》 東京大学 初の推薦入試 77人が合格


これまで、私の指導ネタとして

「実は、東京大学にも推薦入試があるんだよ!ただし、毎年、募集人数が0人だけどね(笑)!」

などと言いながら、東大のパンフレットに載っている『募集人数一覧表』を見せながら話していたが、今年は、その募集人数が100人前後で、77人が合格したそうだ。
それに対し、早速、ハイエナと呼ばれる受験業界がたかってきて、早速、ウチの○○から○人合格した!などと声高に宣伝している。中には、予備校の『小手先のテクニック』を得ただけで合格できる欠陥入試だなどと喚き散らす『精神病患者』すら現れる状況だ。

はっきりと宣言しておくけど、こんな予備校のくだらん宣伝を真に受けるような『頭の悪い受験生』は、どんなに努力しても、無駄だよ。努力さえすれば高学歴を手にすることができるシステムだけど、高学歴が幸福な人生を呼んでくれるなんて根拠は全くないし、高学歴者の惨めな人生をしっかりと見つめる勇気の方が必要とされる!
幸福な人生なんて、偏差値への執念や努力では何も出来ないから。

…で、特別選抜入試やらAO入試やらを、それなりに指導したことのある人間なら、これら東京大学の推薦入試に対する受験業界の反応の中身について簡単に分るはず。

その予備校に通ったから合格できたのではなく、もともと合格できる素質が、その受験生個人にあっただけ、ということで、それが『推薦入試』なり『AO入試』の常識だ。

もちろん!
適当におりこうさんを演じれば合格できる高校入試ならいざ知らず、
BF大学の、名前を書けば合格できるような、定員充足率の低い『いらっしゃいませ大学』の推薦入試・AO入試ならいざ知らず、
まともな大学のまともな推薦入試・AO入試では、小手先のテクニックなんぞ全く通用しない。
これで合格できると思い込んでいる人間がいたら、救いようのない馬鹿だ。

安物のブタ肉を使って高級料理を作ることはまず難しく、それが傷んでいようものなら難しいどころか不可能で、高級ブタ肉なら、料理人が手を加えずとも高級料理となり、料理人の仕事は、食材を壊さずに『盛り付け』ることくらいだ。
つまり、合格した受験生自身に『何か』が無ければ、パスできるほど甘くないんだよ(嘲笑)!

…って、かくいう私自身、予備校の人間だから、予備校ではもちろん『大人の都合』で、○○予備校の実績です!と、間抜け面して話すだろうけど、本気でそう思い込んでいるのは、上から圧力掛けられるほど能力のないテンパってる社員くらいだからね。


受験生諸君!!
ネットで出回ってるペテンを真に受けないように!!






機動戦士ガンダム THE ORIGIN

第二弾だ!







うぅぅぅん。
子どもの頃、自分たちが考えていたのとちょっと違っていると、妙な違和感を持ってしまうね。
登場人物は、全て後々のシリーズへと繋がっていくのは分るけどぉ〜。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN II [DVD]
池田秀一
バンダイビジュアル
2015-11-26






未成年者の喫煙

最近、煙草を止めました。
そのせいか、というより、そのせいなんですが、身体が健康になりました。
どことなく、というより、本当にそうなんですが、身体が軽くなりました。

先に煙草を止めた某友人は、煙草を止めると10代の、あの頃の若々しさ、青臭さがパワーと共に戻ってくる!と言っていたので半信半疑ながら期待したりもしたのですが、それはどうやら誇張だったようです、といいたいところですが、まんざら誇張でもないのかも。

どうやって止めたかは、下の本のとおりです。



冗談抜きで、この本(シリーズ)を読めば止められます。
騙されたと思ってやってみてください、って、受験生相手のブログで書くようなことでもないのですが、未成年者の喫煙が問題になっており、問題視されるたび、偉そうな先生が偉そうに不毛な話をしてくれます。そして、未成年者の喫煙を「大人へのあこがれ」とか「背伸びしたがっている」だのとこれまた無責任なことを言ってくれます。
かくいう私も未成年の頃、喫煙者でした。
だから、はっきり言えます。
大人へのあこがれとか背伸びとか以前に、面白半分に1本吸った時点で中毒になってるんです!!

こんな話から始まっています。
正直、初めてこの「アレン・カー」さんの言葉を聞いたとき(CD)、涙が出るほどうれしかったです。
何もわかっていない無責任な専門家。
馬鹿の一つ覚えの大人たち。
それを真っ向から否定してくれています。

ぜひおすすめです!!


…って、ただ、この本の中に書いてあることで、ひとつ守れないことがあります。
それは、本の中では、禁煙したからと言って、普段の生活を変えないでくれと書いてありますが、どうしても変わってしまいますね。
今まで喫煙できる喫茶店を探していたのが、今ではどこの喫茶店にでも入れます!
ショッピングモールのフードコートとか行けちゃいますから(笑)!!

未成年で煙草を吸っていたら、すぐに止めることをお勧めします。

がんばれ!!




パトリシア

曹操

記事検索
コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: